2010年05月17日

おたふく風邪とムンプス難聴(4)


おたふく風邪で気をつけたいこと

ムンプス難聴以外にも、
おたふく風邪で気をつけたい合併症に、
無菌性髄膜炎があります。

無菌性髄膜炎は、ムンプスウイルスが脳の髄膜に
炎症を起こすことで発症します。
軽症の場合が多いというものの、
おたふく風邪にかかった場合、
10%の割合で、かかるそうです。

また、お腹が痛い場合は、
膵炎(すいえん)を、合併していることもあるとのこと。

おたふく風邪にかかったとき、
おたふく風邪の予防接種を考えるときには、
こういった合併症の危険性も、
知っておきたいものですね。


>>ムンプス難聴とは
>>ムンプス難聴になる割合
>>ムンプス難聴にならないためには


 小児病



*鈴木こどもクリニック院長 鈴木洋さんのコラムを参考にしています。

posted by まる at 00:00 | 子どもの病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。